相談

複雑な相続問題・遺言はもちろん、生前贈与なども司法書士にご相談下さい

司法書士

ご挨拶

 私は、平成9年に司法書士を開業して以来、登記はもちろんのこと、登記以外の相談も可能な限り受けてきました。その結果、成年後見、相続放棄、遺言検認、家賃請求、債務整理、差押、仮差押など様々な事案を手がけて来ました。もちろん、司法書士の職域以外の相談もあり、時には他の専門職をご紹介することもありました。
 このホームページを見て頂いた皆様のなかには、司法書士を探して訪れた方も、どの職種に相談したら良いかわからずにホームページを探していて訪れた方もおられると思いますが、一度当事務所までお電話下さい。私が皆様のお力になれるようお話を伺います。
 なお、司法書士及び土地家屋調査士の職域以外の場合は、他の相談機関や専門職をご紹介することになりますので、ご了承いただきますようお願いします。

札幌司法書士会所属 登録番号473号
簡裁訴訟代理・法務大臣認定第143052号 

札幌土地家屋調査士会所属 登録番号第1152号
古田光生司法書士・土地家屋調査士 所長 古田光生

詳細情報

主な業務

シニア夫婦 相談

成年後見

認知症、知的障害、精神障害などで判断能力が十分でない方を法律的に支援・援助するための制度です。家庭裁判所が後見人等を選任する場合、本人が後見人等を決めておく場合のいずれにおいても、適切な手続、申立書作成など様々な相談を受けています。

遺言書 遺言 封筒

相続

生前の遺言書作成から相続開始後の遺言執行、相続登記、相続預金解約までひとくちに相続と言っても様々な局面で手続が変わってきます。避けては通れない問題を一度考えてみませんか。

マイホームと家族

マイホーム

家を建てると新築表題登記、所有権保存登記など様々な登記を申請します。その登記には司法書士と土地家屋調査士、双方の資格者が関わります。当事務所では一括受託が可能ですので、費用軽減ができる場合もあります。

司法書士が作成の登記済証書に印鑑捺印して支払う

不動産登記

親から子へ、または夫から妻へ不動産の贈与をしたい。離婚に際して、不動産を取得する内容の調停がまとまったので自分名義に登記したい。ローンを完済したらローン会社から書類が郵送されてきたので担保を外したい。引っ越したので土地所有者の住所変更登記をしたいなど、そんなときはご相談下さい。

ビジネスイメージ

商業登記

会社法の施行以降、各株式会社の定款規定により登記申請方法は多様化しています。司法書士は、会社法に精通していますので登記申請にあたり適切な方法に導きます。また、会社設立では定款内容によっては、その後の会社運営に支障を来すおそれもあります。設立、役員変更の際はもちろん、自社の定款内容を確認したいときなどはご相談下さい。

​主な取り扱い業務

不動産登記

売買、相続、贈与、抵当権設定、抵当権抹消、建物新築による表題・保存、建物取壊、建物区分、地目変更、土地合筆、法定相続情報証明

会社登記

設立(定款電子認証)、役員変更、本店移転、目的(事業内容)変更、商号変更、合併

法人登記

設立、役員変更、資産の総額変更、主たる事務所移転

裁判事務

相続放棄、遺言検認、成年後見、マンション管理費請求、債務整理、簡裁訴訟代理関係業務